スマホを安く入手し、格安simを使うには?おすすめの方法をご紹介

今回の記事では、スマホを格安で入手し、格安SIMを利用することによりお得にスマホを使用することができる方法についてまとめてみました。

スマホを格安で入手し、格安SIMを使うには?

格安スマホに切り替えて携帯代を安くしたい!と考えている方も多いですよね。

 

でもどこで買うのが一番お得なんだろう?と思う方も多いでしょうし、
どういう機種を選べば良いのだろう?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

 

格安スマホとは、格安SIMをスマホの中に入れて使うものです。一部ではSIMフリースマホのことを格安SIMと言う人もいます。

 

最初に一番お得な購入方法を紹介した後に、
おすすめの格安スマホ(SIMフリースマホ)をランキング形式で紹介し、
続いてLINEモバイル始め格安SIMとセットで購入する場合はどこが良いのかご紹介します。

 

格安スマホは格安SIMのキャンペーンを利用するのが一番お得

格安スマホを使う=格安SIMを使うということになりますが、
一番お得に格安スマホを購入するのならLINEモバイルなどの格安SIMの会社(MVNOという)のキャンペーンを使って格安SIMとセットで購入するのが一番お得です。

 

もちろん既に格安SIMを持っている人だとあまり意味はありませんが、これから初めて格安スマホにしようと考えている方ならキャンペーンを利用して是非、セットで購入してください。

 

格安SIMとセットなら信じられない価格で今はスマホが持てますよ。

おすすめのSIMフリースマートフォン・ランキング

SIMフリースマトーフォンの中から特におすすめのSIMフリースマートフォンを紹介します。

ASUS ZenFone3

SIMフリースマホのシェアで一番支持されているのがASUSというメーカーです。僕もメインのスマホとしてASUS ZenFone3を使っています。

 

このZenFone3の何が良いかと言えばポイントは3つ

  • DSDSに対応している
  • auVoLTEに対応している
  • 使いやすい工夫は随所にある

DSDSとはデュアルSIM・デュアルスタンバイの略です。

 

ZenFone3には2枚のSIMカードを入れることが出来ます。

 

そして2枚とも通話の待受状態に出来るということ。

 

例えば1枚はプライベート用、2枚めは仕事用というようにして使えば今まで2台持ちだった人は1台のスマホに出来る訳です。

 

そしてZenFone3には使いやすい工夫が随所にほどこされています。年配者の方向けに簡単モードや、子供向けにキッズモード、情報保護のための指紋認証等。

 

大きすぎず小さすぎないちょうど良い大きさの5.2インチになっているところも良いところです。

 

どこで購入すると良いか?と言えばスマホ本体のみなら、公式サイトかamazonが良いと思います。

 

富士通 arrows M03

国内メーカーのスマホが良いという方には富士通のarrows M03です。

 

auVoLTEにも対応しているのでau系の格安SIMでもdocomo系の格安SIMでも使うことが出来ます。

 

また国内メーカーらしく防水にもなっていますし、ワンセグにもなっていますしおサイフケータイにも対応しています。

 

性能は特に良いという訳ではありませんがスマホでそれほどゲームはしないという方にはおすすめです。もちろんゲームが出来ない訳ではなくポケモンGOくらいなら問題ありません。

 

本体のみならamazonでも購入出来ます。

 

格安スマホは格安SIMを使って通信しているスマートフォン

格安スマホを説明してください、と言って答えられる人は稀です。

 

理由は格安スマホの定義が曖昧過ぎるから。

 

SIMフリースマホ(SIMロックフリースマホ)を格安スマホという方もいますし、
中古のスマホを格安スマホという方もいます。

 

どれも間違いではありません(そもそも明確な定義が無いのですから)。

 

でも共通して言えることは格安SIMで通信を行っているスマートフォンのことです。

 

格安スマホ=格安SIMを使ったスマホ

 

と覚えてください。ここで格安SIMという言葉を使っていますがここでは格安SIMについて詳しくは説明しません。

 

簡単に言えば、格安SIMはdocomoやau等の自社で通信設備を持っている通信事業社(MNO)から回線を借りて運営している通信事業社(MVNO)が販売・レンタルをしているSIMカードのことです。

MVNOから購入・レンタルしたSIMカードをスマホの中に入れることで初めて通信・通話が出来るようになります。

セットで購入するか本体のみを購入するか

格安スマホを持とうとする場合、どこで購入するか?ということになりますよね。

格安SIMとセットで契約をして購入するか、スマートフォン本体のみを家電量販店やネットショップ(amazon等)で購入するか、
docomo等で契約して購入したスマホをそのまま使うか?というのが主な方法になります。

  • 格安SIMを販売している会社(MVNO等)から格安SIMとセットで購入する
  • 家電量販店やネットショップ等でスマホ本体を購入する(新品・中古)
  • docomo等で契約していたスマホに格安SIMを入れてそのまま使う

それぞれメリット・デメリットがあるのでどれが絶対に良いとは言えませんそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

格安SIMを販売している会社(MVNO等)から格安SIMとセットで購入する

個人的には一番おすすめするのが格安SIMとセットで購入することです。
なぜセットで購入すると良いのか説明します。

家電量販店に比べれば安い

人気のスマートフォン ASUS ZenFone3という機種があります。
これをビックカメラやヨドバシカメラ、ヤマダ電機等の家電量販店で購入するといくらかと言えば大体税込みで43000円くらいです(2017年現在)

 

保証をつけることが可能

docomoやauで購入したスマホが故障した場合、
docomoやauに持っていけば修理にそのまま出してくれて場合によっては修理期間中に別のスマホを貸してくれることもあります。

 

ただし家電量販店で購入した場合はまず故障しても貸出はしてくれません。

 

しかし格安SIMとセットで購入する時に端末保証というオプション(300円~850円)に加入すると故障や破損をした時に修理期間中はスマホを貸し出してくれたり破損で修理が出来ない場合は交換(交換の場合は自己負担金が3000円~8000円)してくれます。

 

携帯電話が無い・使えない状態が長いと仕事にも影響する方も多いかと思いますので保証まで考えるとやはり格安SIMとセットで購入して端末保証オプションに加入すれば安心です。

 

デメリットは分割払いだと実質2年縛り

格安SIMは大きく分けて2種類あります。

 

音声通話SIMとデータ専用SIMです。

 

データ専用SIMの場合ほとんどの場合縛り期間というものがありません(実際は1ヶ月間という縛りはありますが、月額料金制だから当然です)。

 

音声通話SIMの場合は半年か1年という縛りがあります。

 

それでもdocomoやauの2年縛りに比べれば気が楽ですよね

 

しかし端末を分割で購入すると24回払いになるので実際は2年縛りに近い状態になります。これがデメリットと言えばデメリットかな?一括で購入すれば問題はありません(一括でも一部格安SIMのプランで2年縛りや3年縛りがあります)。

 

またdocomoやauで販売されているスマホよりも元々価格が安いので一括で購入出来ないことも無いと言えます。

 

また選んだ格安SIMに自分が欲しいスマートフォンがセットで販売されていない場合もあります。どうしても欲しいスマートフォンがあれば別に購入するしかありません。

家電量販店やネットショップ等でスマホ本体を購入する

格安SIMとセットで購入する方が安くてお得だと書きましたが、モデルによっては家電量販店で購入した方がお得な場合もあります。

 

生産完了したスマホや販売完了間近のスマホの場合、家電量販店は処分特価で売り出すことがあります。僕もあるスマホを家電量販店の在庫限りの特価品で購入したことがあります。

 

格安SIMとセットだと3万円近い価格だったのに15000円くらいの価格で購入出来ました。ただしこれは自分の欲しいと思うスマホと異なる場合も当然あります。

 

スマホそのものにこだわらないのであれば安く見つけられる可能性もあります。

 

メリットは直接聞けるサポート

上記のことだけ見るとあまりメリットが無いように思うかもしれませんが、
販売店で購入したということは販売店のサポートは受けられるということになります。

 

スマホ初心者なら何を購入して良いかわからないということもありますし、
いざ購入したとしてもわからないことが出てきた場合、
家電量販店に行けば聞けるというメリットがあります。

 

ネットショップなら格安SIMとセットで購入するより安いことも

実際の店舗ではなくネットショップでなら格安SIMとセットで購入するよりも安く販売されていることもあります。

 

またSIMフリースマホでは人気のASUS ZenFoneシリーズなら時期によっては公式サイトのネットショップから購入した方がお得な場合もあります。

デメリットは故障の際にスマホが無くなること

家電量販店やネットショップでスマホ本体を購入した時の最大のデメリットは修理の間、スマホが無くなってしまうことです。基本的に貸出はしてくれませんから。

 

故障した時に使えなくなる期間が発生することが一番の問題だと考える方は家電量販店やネットショップで購入するのは控えた方が良いかもしれません。

 

ただし最近はそれさえも解消してくれる格安SIMが出ています!どこで購入したスマホでもメーカーや家電量販店へ修理に出している間、
スマホを無償で貸し出してくれる格安SIMもあります。
まだ1箇所のみですが、そういうサポートをしている格安SIMと契約するのも1つの手ではないでしょうか。

 

docomo等で契約していたスマホに格安SIMを入れてそのまま使う

docomoやauで使っていたスマホに格安SIMを入れてそのまま使うということも可能です。

 

ただしその場合、docomoのスマホならdocomo回線を使った格安SIMにしなければいけませんし、auならau回線を使った格安SIMにしなければいけません(au VoLTE対応スマホの場合はSIMロック解除が必要)。

 

SIMロック解除を行っても別の問題があるのでdocomoならdocomo回線の格安SIM、auならau回線の格安SIMを使うようにしてください。

 

メリットは初期費用が安く済む

docomoやauで使っていたスマホをそのまま使うことの最大のメリットはスマホを新たに用意しなくても良いことです。

 

SIMフリースマホと言っても価格は1万円以上しますし、高いものであれば10万円ほどします(iPhoneのSIMフリーモデル等)。

 

だから2年縛りがとけた段階で解約してそのまま格安SIMに移るのが良いでしょう。ただし1年以上使っている場合、人によっては解約金を払ってでも格安SIMに切り替えた方がお得になることもあります。

 

あれ?ここ1~2ヶ月自分からスマホで電話をかけたことがあったっけ?と思う人ならほぼ格安SIMに切り替えた方がお得になりますよ。

 

デメリットは故障時とテザリング

docomoやauで使っていたスマホをそのまま使うことのデメリットも当然あります。

 

1つは先にも書いている通り故障した時です。

 

docomoやauとの契約を切る訳で、特に2年縛りが解けた段階だと保証も無い状態になっているでしょう。

 

だから故障した場合は当然貸出もしてもらえませんし、
修理そのものをどこに出すか悩む場合もあります(基本はdocomoやauで預かれないと言われても修理を受け付ける義務がdocomoやauには一部あるのですが)。

 

もっとも2年以上使っているのならあきらめてSIMフリースマホを購入すれば良いと考えれば良いのかもしれません。

 

それとdocomoで購入したスマホのほとんどはdocomo回線を使った格安SIMを入れてもテザリングが使えません(一部使えるものもあります)。

 

テザリングはスマホをWi-Fiルーターに見立ててパソコンやタブレットで通信をする時に使うものです。

 

テザリングをしたい場合は別にSIMフリースマホを購入した方が良いでしょう、

格安スマホの選び方

格安スマホを選ぶ場合に価格だけで選ぶと絶対に後悔します。格安スマホを選ぶポイントを紹介します。

スペックの見方を覚えて正しい購入を

スマホというのは性能的にはパソコンと今は遜色がほとんどありません。

 

でも専門的な話をすると難しくなるのですがCPUとメモリと対応バンドだけには必ずこだわるようにしてください。

 

特に対応バンドの対応が少ないものを選んでしまうと圏外になる確率も高くなります。

 

それぞれの項目でポイントを説明していきます。

CPUはintel製かQualcomm製のものを選ぼう

CPUはスマホの頭脳のことです。

 

これの性能が低すぎるものを買うと動作が悪くなるだけではなくいろいろなところで影響してきます。

 

だからCPUはインテル製のものかQualcomm製のものを使うようにしてください。

 

インテル製のCPUを使ったスマホは少し高くなりますがやはり性能と信頼性はワンランク上だと言えます。

 

そのため快適に使えるスマホになります(インテル製のものは現在ほとんど流通していません)。

 

主にintel Atomプロセッサー Z◯◯という説明がされているものならまず大丈夫です。

 

安心して購入してください。

 

次 にQualcomm製のCPUはSnapdragonという名前になります。

 

CPUの型番で言えばMSM8916というものが多くなっています。

 

Qualcommと書かれてなくてもSnapdragonもしくはMSM+4桁の数字、もしくはAPQ+4桁の数字になっています。

 

最近はこのCPUが主流になっており、出来ればこのCPUを使ったスマホを選ぶようにしてくださいね。

 

対応バンドの確認も行おう

最 近のSIMフリースマホは対応バンドもほとんど問題ありませんが中古や新古品のスマホの中には対応バンドが少ないものも数多くあります。

 

対応バンドとは簡 単に言えばdocomoやauが使っている携帯電話用の電波の種類がいくつかあるのですが、その電波の種類のことです。

 

地域等により使っている電波の種類 が異なったり環境によって使える電波が変わるために出来るだけ多くの電波に対応しているスマホが良いということになります。

 

対応バンドで見ないといけないところは2つ 3Gと4Gのものです。2Gは日本国内で使う場合無視してください。2Gでの通信は日本国内では使いませんので。

docomo回線を使った格安SIMを使う場合

3G:バンド1(2100MHz)、バンド6(800MHz)に最低限対応していることを確認してください。

 

出来ればバンド19(800MHz)、バンド9(1700MHz)に対応しているものが良いのですがSIMフリースマホで対応しているものは少ないのでそれほど気にすることもありません。

 

4G LTE:バンド1(2100MHz)バンド19(800MHz)バンド21(1500MHz)に対応しているか確認をしてください。

 

出来ればバンド3(1800MHz)に対応していればなお良いのです。

メモリはRAMとROM

ス マホのメモリの項目にはRAMとROMと書かれている場合が多いのですが、

RAMは一般的に1GB~4GBとなります。この時出来れば2GB以上のものを 選ぶと快適に使えます。

ただし1GBあればメールやSNS(LINE等)がメインであればほとんど問題ありません。しかし初心者の人ほど難しいことは解らないと思うので2GB以上のモデルを購入しておくことをおすすめします。

 

次にROMは保存領域です。

 

アプリをインストールしたりデータ(写 真等)を保存する場所です。

 

Androidスマホの場合はほとんどのモデルで写真を保存するためにmicroSDカードを入れられるので気にすることはあ りませんが、
アプリを沢山入れたい!ということであればROMは16GB以上のモデルを購入することをおすすめします。沢山と言っても30とか40のレベ ルですけどね。

10個くらい追加で入れるくらいなら8GBでも問題ありませんが、
microSDカードを入れないで使うのであればやはり16GB以上のも のを購入しておきましょう。

まとめ

格安スマホについての説明とおすすめの格安SIM、格安スマホを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

格安スマホにすることでかなり月々の携帯電話代を安くすることが出来ます。

 

ただし、通話を月に3時間以上される方はdocomoやau等の大手キャリアのままの方がお得かもしれません。

 

また格安スマホや格安SIMの価格を比較しているサイトはいくつもありますが、
価格だけで選んで購入すると思わぬ後悔をすることがあります。1番は安いと選んだところの通信速度が遅くてイライラして使えない時でしょう。

 

そうならないために通信速度がある程度は出ている格安SIMを選ぶようにしてください。

弊ブログは月に4~8回ほど格安SIMの通信速度を実際に計測して報告していますので参考にしてもらえればと思います。

 

是非、携帯電話代を安く抑えるためにも格安スマホへの乗り換えを検討してくださいね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

LINEモバイルの詳細についてはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白ロムとは?赤ロムとは?中古のスマホを購入する際の注意点

GRAND X LTEのテザリングやスペックは?レビューしてみた

中古のスマホ・タブレットを購入する際の注意点は?おすすめは?

WindowsタブレットPCを格安SIMやLINEモバイルで使うには?

ZenFone4 SelfieがLINEモバイルで発売!スペックをご紹介