格安SIMにSMSは必要?LINEやツイッターに使える?料金は?

今回は格安SIMを購入する時に契約内容として悩むところの、「SMS」について解説していきます。

現在大手キャリアから格安SIMを利用する人が増えていますが、格安SIMを購入する際にSMSをつけるかどうか悩む人も多いと思います。

 

現在大手キャリアを契約している人で、普段からSMSを頻繁に使っている人はあまりいないのではないでしょうか。

実際にいろんな会社からの情報や広告などが届いて、SMSをあまり確認しない人も多いでしょう。

だからといってSMSを契約しないとどのようになるか、実際にSMSは必要なのかどうかを今回の記事でまとめていきます。

 

 

格安SIMの契約3種類を比較

大手キャリアよりも安い料金でスマホ・タブレットが使うことができる『格安SIM』

様々な格安SIMの通信会社にはいろんな種類の料金プランが登場しているが、基本的には下の3種類に分類することができます。

 

1つ目は、音声通話対応のSIMです。

「090」「080」「070」の携帯電話番号による電話の発着信に対応したものです。

また、キャリアから格安SIMにそのまま電話番号を変えずに乗り換えることのできるMNP(携帯電話・PHS番号ポーたりティー)制度を使うことができるのも、この音声通話対応のSIMだけです。

 

2つ目は、データ通信専用のSIMです。

これはデータ専用となるため、携帯電話番号による電話の発着信をすることができません

 

3つ目は、データ通信SIMに今回の本題となる「SMS(ショートメッセージサービス)」という短いテキストメッセージをやり取りする機能がついたSIMです。

データ通信SIMにSMSがつく形になるので、電話の発着信には対応していませんが、携帯電話番号を使ったSMSの送受信に対応しています。

 

この3つを表にまとめてみると、以下のようになります。

音声通話SIM
音声通話 SMS データ通信
特徴
MNP(電話番号の引き継ぎ)が利用できる。

データSIMよりも600円~800円ほど高い

 

SMS付きデータ通信SIM
音声通話 SMS データ通信
×
特徴
MNP(電話番号の引き継ぎ)が利用不可。

データSIMよりも120円~150円ほど高い

 

データ通信SIM
音声通話 SMS データ通信
× ×
特徴
MNP(電話番号の引き継ぎ)が利用不可。

3種類の中で一番安い。

 

これが、多くの格安SIM会社の契約を分類したものです。

料金に関しては、データ通信SIM<SMS付きデータ通信SIM<音声通話SIMの順番に高くなっていきます。

では、次からはこれらの料金についてもう少し詳細に書いていきましょう。

 

 

格安SIMの料金はSMSをつけると数百円高くなる

上では格安SIM会社で取り扱っている料金プランを大まかに3種類で分類し、表でまとめました。

上の表からも分かる通り、音声通話SIMの月額料金は、データ通信SIMよりおよそ600円~800円ほど高くなっていました。

SMS付きデータ通信SIMは、SMSなしデータ通信SIMよりも約120円~150円ほど高い料金となります。

 

音声通話SIMとデータ通信SIMは、電話機能を使うかどうかで、選ぶと良いでしょう。

格安SIMであれば音声通話SIM、通話機能を持たないタブレットやモバイルWi-FiルーターならデータSIMを選ぶといった具合になるでしょう。

 

しかしデータ通信SIMには、SMSがあるものとないもおを選ぶことになります。

格安SIM大手の「OCN モバイル ONE」の場合は、SMSをつけることによって毎月の料金が120円アップします。

年間で計算をしても、1,440円程度です。

これは「OCN モバイル ONE」で一番安い『110MB/日コース』の月額料金1,600円(音声通話SIM)に匹敵する額になります。

 

「通信費用を少しでも安くしたい!」という人にはもちろんSMS機能をつけない方がお得になります。

しかしSMSは今ではメッセージのやり取り以外にも利用されています。

ではここからはSMSをつけないとどんなデメリットがあるかを紹介していきましょう。

 

 

SMSを付けないとどうなる?SMS認証ができない?

SMSの最大のメリットについて解説していきましょう。

一部のオンラインサービスでは、『SMS認証』というものが実装されています。

これは、SMSに認証コードを送り、セキュリティを強化するというものです。

例えば今では圧倒的な利用率を誇っているTwitterでは、アカウントを作成するときや、新しい端末でログインをするときに、4桁ほどの認証コードを入力する必要があります。

この認証コードがSMSを使って送られてくるのです。

そのために、SMS機能のない格安SIMのデータ通信SIMでは、認証コードの受診をすることができないので、Twitterの認証が面倒臭い作業をしなければならなくなります

 

他にも、LINE・Evernote・Dropboxと行ったオンラインのサービスでは、通常のパスワードに加えて、サービス側からSMSで送られてくるワンタイムパスコード(一定時間だけ有効なパスコード)の入力が必要な2段階認証を設定することができます。

これらを総括すると、SMSは今ではオンラインサービスのセキュリティ面を担う役割をしているというわけです。

 

また、一部のスマホ端末にデータ通信専用のSIMをセットすると、アンテナピクトという電波の強さを表示するアイコンがつうねに県外と表示してしまいます。

機種によっては、待ち受け中にもかかわらず、バッテリーの消費量が以上に多くなるといった例もあります。

 

これは、データ通信専用SIMが、音声通話に必要な『回線交換サービス』というネットワーク上の仕組みを利用できないために起こってしまう現象になります。

音声通話SIMやSMS月のデータ通信SIMは、回線交換サービスを利用しているため、こうした問題が起こることはありません。

 

 

格安SIMにSMSは付けた方が良い?

さて、では結局格安SIMにはSMSは付けた方が良いのでしょうか。

SMSでのコミュニケーションは海外ではかなり利用されています。

しかし、LINEのようなコミュニケーションアプリが盛んな日本では、SMSを使ってコミュニケーションを普段から行なっているといった人はなかなかいません。

 

しかし、オンラインサービスの登録や、情報漏洩を防ぐためのセキュリティ強化に使われる2段階認証、一部の端末に生じてしまう問題を回避するためにも、SMSは非常に役立つという場面が多いです。

SMSが利用できないタイプのタブレットや、モバイルWi-Fiルーターでしか使わないという場合にはSMSは不要です。

もしあなたがスマホに入れる格安SIMを契約するという場合には、音声通話を使わないという場合にも、保険としてSMS月のデータ格安SIMを選ぶのが良い選択と呼べるのではないでしょうか。

 

 

SMSの送信料金はどれくらい?

SMSを一通送る場合の料金は一体どれくらいなのでしょうか。

例えば大手キャリアであるauのSMS(Cメール)の送信料金は以下の通りです。

全角70文字(半角160文字)以下の場合、3円
全角134文字(半角306文字)以下の場合、6円
以降全角67文字(半角153文字)ごとに3円ずつ加算され、最大で全角670文字(半角1,530文字)まで送信が可能です。

出典:https://www.au.com/support/faq/view.k1112050333/

 

では格安SIMで現在利用者の増えているLINEモバイルの一回のSMS送信量はどれくらいなのでしょうか。

全角1~70文字(半角1~160文字):3円

全角71~134文字(半角161~306文字):6円

70文字増えるに当たって、3円ずつ増えていく計算です。

これを見てみると、SMSの送信量は大手キャリアの場合の格安SIMの場合も料金はほぼ変わらないということになります。

また、一回の送信量も非常に低いため、「通信量がかかっちゃうからSMSは控えておかないと…」となることもなさそうです。

 

 

まとめ

今回は、格安SIMを契約する際に、SMSは付けた方が良いのかどうかについてまとめてきました。

SMSは今では認証コードの受信に多く使われているとのことでした。

セキュリティ面の向上や、認証作業の効率化を考えても、SMSはあった方が便利です。

また、月額でいってもSMS自体の料金は120円ほどですので、さほど金額は上がることはないということでしたね。

ぜひ今回の記事を格安SIMの契約の際に参考にしてくださいね。

 

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

‎AppleWatchSeries4でDSDSは使える?使えない?

SIMカードに関するまとめ記事

【LINEモバイル】音声通話SIMとデータSIMってなに?

【DSDS・eSIM搭載、新型iPhoneXS・XSMax・XR】eSIMでLI...

【アップルウォッチでApple Payを活用】ApplePayってどう使うの?

【DSDVとは?】DSDSに次ぐSIMカードが2枚同時に装着可能なスマートフォン...