LINEモバイルの料金は?iphoneは?テザリングは?契約方法まとめ

今回は、コミュニケーションアプリ「LINE」社が打ち出している格安SIMの、LINEモバイルをブラックリストの著者が実際に契約しておすすめする理由、契約方法についてまとめてみました。

中でも、気になる料金やiphoneでテザリングが使えるのかなど、情報を分かりやすくまとめたので参考にしていただければと思います。

 

LINEモバイルの契約方法まとめ!ブラックリストが格安SIMを契約するまで

 

日常生活において欠かせないスマホは毎月固定費がかかるので、できれば安く抑えたいですよね。

 

そんな悩みを解決してくれるのが、格安SIMの存在です。

 

近年では世間の認知度が上がり、格安SIMに乗り換えようという人も増えていると思います。

 

しかし、種類が沢山あってどれを選べば良いか分からないと思います。

 

そこで、質問があります。

 

あなたは、

 

格安SIMは契約・設定が大変だと思っていませんか?

高額の通信費を支払い続けていませんか?

クレジットカードが作れないからと格安SIMを諦めていませんか?

格安SIMを利用中で、LINEのID検索、LINE@が使えなくて不便だと思っていませんか?

 

これらの先入観・悩みを持っている方は、全てLINEモバイルで解決することができます。

 

あなたの今お使いの携帯電話をLINEモバイルに乗り換えるだけで、スマホの基本料金を1600円ほどに抑えることができます。(機種代別、3GBの場合)

 

大手キャリアの場合だと、月々7000円ほど費用が発生してしまうので、月々の負担が大きいですよね。

 

そこで今回は、LINEモバイルとはどのようなサービスなのか、LINEモバイルへの乗り換え方についてまとめてみましたので、一読していただければと思います。



 

LINEモバイルの料金は?プランは?

 

LINEモバイルは、どのような料金プランになっているのでしょうか?

1)LINEフリープラン

カウントフリー対象サービス:LINE

 容量   データ通信 データ通信+SMS データ通信+音声
1GB 500円/月 620円/月 1,200円/月

 

2)コミュニケーションフリープラン

カウントフリー対象サービス:LINE、Twitter、Facebook、Instagram

 容量   データ通信 データ通信+SMS データ通信+音声
3GB なし 1,110円/月 1,690円/月
5GB なし 1,640円/月 2,220円/月
7GB なし 2,300円/月 2,880円/月
10GB なし 2,640円/月 3,220円/月

 

3)MUSIC+プラン

カウントフリー対象サービス:LINE MUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagram

 容量   データ通信 データ通信+SMS データ通信+音声
3GB なし 1,810円/月 2,390円/月
5GB なし 2,140円/月 2,720円/月
7GB なし 2,700円/月 3,280円/月
10GB なし 2,940円/月 3,520円/月

 

※音声通話料金は20円/30秒です。

※当月使いきらなかったデータ容量は翌月まで繰り越してご利用いただけます。

※高速データ通信残量が無くなると最大200kbpsの通信速度になります。ただしカウントフリー対象の項目は高速データ通信することができます。

 

これら3つのプランについて、一つずつ解析していきます。

 

 

データ通信専用SIMは、LINEフリープラン1GBのみとなっています。

 

データ通信プランは、

スマホとタブレットの2台持ちで、2代目のタブレットはあまり使わないけど緊急時は使いたい

既に格安SIMを契約しているけど、LINEの年齢認証のために契約したい

普段LINEでコミュニケーションしかしない、ネットは使わない

 

という方におすすめです。

 

LINEフリープランはそれぞれデータ+SMS、データ+SMS+音声と種類がありますが、
個人的にデータ+SMS+音声で1200円/月を払うのであれば、

LINEに加えTwitter、Facebook、Instagramが使い放題のコミュニケーションフリープランの3GBで1690円/月を払ったほうが良いと私は思います。

 

500円割高になりますが、SNSが使い放題、容量が3GBにアップすることを考慮すると、そちらのほうが合理的です。

 

最終的にご使用の用途に合わせてご検討ください。

 

次にコミュニケーションプランですが、個人的に一番のおすすめのプランで、3GBor5GBを契約することをおすすめします。

 

上記にも記載のある通り、例えば今月5GB中2GB余った場合、来月には7GBデータ容量を使うことが出来ます。

 

個人的には5GBあれば十分かなと思いますが、外出先でインターネットをよく使うという方は7GBor10GBを契約しても良いと思います。

 

他社の格安SIMでは10GB以上のプランがありますが、それ以上になるとWiMAXなどWIFIルーターを別途契約したほうが割安な場合があります。

 

基本的にはコミュニケーションプランで十分でしょう。

 

 

最後に、気になるMUSIC+プランですが、かなりの時間音楽を聴くというヘビーユーザー以外はコミュニケーションフリープラン+LINEMUSICオプションで十分だと思います。

 

上記の表だけ見て間違えるかたもいるのですが、MUSIC+プランはLINEMUSICのデータ消費がカウントされないというだけで、LINEMUSIC加入には別途費用(月額750円)が発生します。

 

通勤、帰宅中に音楽を聴くというレベルであればMUSIC+プランに~700円のお金を払うのであれば、
コミュニケーションフリープランの容量をワンランクあげたほうが私は利口だと思います。

 

パソコンを使って外出先で仕事している、

仕事場で作業用BGMとして常にLINEMUSICを利用している

 

などの場合、MUSIC+プランを検討しても良いでしょう。

 

LINEモバイルでiphoneを使うには?

前章ではLINEモバイルのプランについてご説明しましたが、実際にiphoneで利用しようと思った場合、どうしたら良いのでしょうか?

 

まず、LINEモバイルでiphoneを利用するには、

 

・Docomoのiphone5s以降の機種

・SIMフリーのiphone5以降の機種

・SIMロック解除されたiphone6s以降のau,softbankの機種

 

が必要になります。

 

最新モデルのiphone8、iphoneXも対応しているのですが、
現在動作確認が出来ているのがSIMフリー端末のみで、Docomo始め大手キャリアのiphone8、iphoneXは公式動作未確認となっていますので、ご注意ください。

 

格安SIMを実際に契約して、何をしなければいけないか分からない方もいらっしゃると思うので、格安SIMが届いてから設定方法までの簡単な流れをご紹介したいと思います。

 

まず、LINEモバイルから届いたナノSIMを確認します。

 

次に、ピンが必要になります。

 

iphoneを購入した時に付属した、なぞのアレです。

 

持っていないという方は、Amazonでプッシュピン、SIM取り出し用ピンなどと検索すると50~250円ほどで売られているので、購入してください。

 

iphoneの側面にある小さい穴に向かってピンの先端をプッシュすると、SIMカードを入れるトレイが出てきます。

 

先ほど確認したSIMカードを、セットします。

 

そして、iphoneにしっかり奥まで差し込んで、SIMカードはセット完了です。

 

次に、APN設定が必要になります。

 

これらの作業をするだけで、LINEモバイルが使えるようになります。

 

ほんの10~15分の作業で月々の携帯電話料金が格安になるので、まだ格安SIMを契約されていない方は絶対やったほうが良いですね!



 

LINEモバイルのメリットは?

 

まず、LINEモバイル始め格安SIMは、大手キャリアと比べ圧倒的に料金が安いです。

 

これだけでも格安SIMにSIMカードを変更する価値はあるでしょう。

 

中でも、LINEモバイルのメリットはこのような理由があります。

 

・初月利用料金が無料だから、お金が今手元にない場合でも安心!

・クレジットカード不要で申し込みができる

・LINEの年齢認証ができる

・LINE始めSNSのデータ消費がカウントされない

 

注意点なのですが、締め日が月末なので、月始に申し込みをしたほうが無料の適用期間が長いので、月始の申し込みをおすすめします。

 

次に、個人的にかなり大きなメリットだと感じることは、申し込みの際にクレジットカードが必要ないことです。

 

だいたいの格安SIMは、申し込みの際にクレジットカードが必要となっています。

 

色々事情があってクレジットカードを持てないはいらっしゃると思います。

 

私もクレジットカードを持てない所謂ブラックリストで、大手携帯会社の電話料金、機種代を踏み倒した経歴があります。

 

大手キャリアの携帯電話料金が未納のままで、クレジットカードも持てないから契約できないんじゃないか・・・

と懸念される方もいらっしゃると思いますが、安心してください。

 

私も同じ状況でしたが、あっさりLINEモバイルを契約することができました。

 

方法は、LINE独自のLINE Payというプリペイドサービスに申し込みをするだけです。

 

 

更に、LINEモバイル独自のメリットがあります。

 

格安SIMのデメリットの一つでもあるのですが、殆どの格安SIMはLINEの年齢認証ができません。

 

LINEの年齢認証が出来ないと、友達をID検索したり、LINE@で個別にチャットすることができません。

 

特にビジネスシーンで、名刺にLINE IDを記載したり、LINE@で情報発信しているという方にとっては、年齢認証は必須になります。

 

殆どの格安SIMでは年齢認証は諦めるしかないという状況ですが、唯一LINEモバイルだけは年齢認証が可能な格安SIMになっています。

 

詳しい詳細は下記URLに書いてありますので、参考にしてみてください。

 

最後に、LINEモバイル独自のサービスでもある、全プランLINE始めSNSのデータ消費がカウントされないことがメリットです。

 

LINEフリープランはLINE、

 

コミュニケーションフリープランはLINE、Twitter、Facebook、Instagram、

 

MUSIC+プランはLINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC、

 

など、ユーザーがよく利用するであろうサービスのデータ消費がカウントされないので、安心してSNSを使用することができます。

 

 

 

LINEモバイルのデメリットは?

 

そんなLINEモバイルですが、デメリットは一体何があるのでしょうか?

 

メリットが沢山あるのでデメリットに関しては許容の範囲内であると思われますが、気になるかたもいらっしゃると思いますのでご紹介したいと思います。

 

・電波が届かない、通信速度が遅くなる時がある

 

LINEモバイルに限らず格安SIMの特徴なのですが、大手キャリアから間借りした電波帯域を供給しているため、

 

通信速度が大手キャリアと比べ遅くなったり、電波が届かないという傾向がまれにあるみたいです。

 

普通に使用する分には特には差し支えないのですが、LINEモバイルの電波を通じてファイルをダウンロードしたりアップロードする際に、大手キャリアと比べるとスピードに差がでることを否めないということです。

 

特に社会人、学生の通勤時間、昼休憩、帰宅時間などは通信速度に制限がかかる傾向があるのですが、

インターネットサーフィンをしたり動画を閲覧する際もあまり差し支えないレベルなのでそこはご安心いただければと思います。

 

・初期設定が面倒な人には不向き、予備知識が必要になる

 

初期設定といえどSIMが届いてから設定するまで10~15分くらいの辛抱なのですが、今まで全ての作業をキャリアに任せていたという方はSIMの設定が億劫に感じるかもしれません。

 

例えばソフトバンクのiphone6などLINEモバイルに対応していない機種に使用を試みて失敗したり、

SIMのサイズを誤って選択してしまったりと、

あらかじめご使用の用途に合わせたプランを選択しないと、LINEモバイルを契約したは良いが契約出来ないという状況に陥ってしまします。

 

この記事で一通りの流れが分かるようになっていますが、LINEモバイル公式サイトを参考に改めてどのプラン、SIMカードが自分に最適かしっかりリサーチして決める必要があります。

 



LINEモバイルの乗換方法は?

 

それでは、実際にLINEモバイルを申し込みをして、simカードを入手するまでどのようにしたら良いのでしょうか?

 

今回は、LINEモバイルを金融系ブラックブラックリストの私が、

他店舗で入手した「GRAND X LTE」を使うためにLINE Pay カードで支払い設定し、

LIIEモバイルのsimカードを入手するまでの流れについてご説明します。

この記事を参考に、LINEモバイルに登録するための流れ、必要な情報を知っていただけたらと思います。

 

※LINEモバイル契約後、中古のDocomoのiphone5sを購入したため、現在はGRAND X LTEを使っていません。

 

LINEモバイルの申し込み方法の流れ

公式WEBサイトへアクセス

まず、LINEモバイルの公式サイトにアクセスし、キャンペーンや機種など参考にしたら、画面右上の「申し込む」をクリックします。

キャンペーン情報

LINEモバイルでは、お得に運用できるキャンペーンを行っています。

キャンペーンを利用することで、通常よりも安く、また特典がもらえるなど様々なメリットがあるためしっかり把握してから購入しましょう。

1周年を迎えるLINEモバイルは、記念に7大プレゼントキャンペーンを実施中です。

1周年記念!選べるキャンペーン

LINEモバイルは1周年を迎えるにあたり、ウェブ限定で1周年記念!選べるキャンペーンを実施中です。

新規で音声通話SIMを申し込むと、公式オンラインストア「LINE STORE」で利用できるクレジットがもらえます。

コース内容

1.LINE STOREコース

LINE STOREコースのキャンペーンコードを入力しての契約で、公式オンラインストア「LINE STORE」で利用できるクレジットがもらえます。

付与内容 – LINEフリープランで契約した場合:1,500クレジット – コミュニケーションフリープランで契約した場合:4,000クレジット

キャンペーンコードSTST9を入力してご契約ください。

2.LINEポイントコース

LINEポイントコースのキャンペーンコードを入力しての契約で、Amazonギフト券やLINE Pay残高などに交換できるLINEポイントがもらえます。

付与内容 – LINEフリープランで契約した場合:1,000ポイント – コミュニケーションフリープランで契約した場合:2,000ポイント – MUSIC+プランで契約した場合:2,000ポイント

キャンペーンコードPNPN9を入力してご契約ください。

キャンペーン期間

2017年9月5日~2017年12月11日まで

2代目移行の登録事務手数料が無料に!

家族でLINEモバイルを利用する場合、2回線目以降の登録事務手数料3,000円が無料になります!

音声通話SIMのみになるのでご注意ください。

LINEモバイル1周年記念スタンププレゼント!

LINEモバイル公式アカウントの友達登録をすると、1周年記念スタンプが無料でダウンロードできます。

キャンペーン期間

2017年9月5日~11月27日まで

必要な情報を確認

申し込みに必要な情報と、契約の順序を確認したら、「上位事項同意の上、申込む」をクリックします。

本人確認書類についてですが、下記に対応している書類を記載しておきましたのでご確認ください。

支払い方法はクレジットカードのみでデビットカードは使えないと記載がありますが、

LINE Pay カードはご利用いただけますのでご安心ください。

メールアドレスはyahooやgoogleなどのフリーのもので大丈夫です。

MNP予約番号はあらかじめ現在ご使用のキャリアに問い合わせ、

番号を発行してもらうようにしてください。

本人確認書類一覧

運転免許証
運転経歴証明書
日本国パスポート+補助書類
在留カード
特別永住者証明書
住民基本台帳カード
健康保険証+補助書類
後期高齢者医療被保険者証+補助書類
届出避難場所証明書
身体障害者手帳
療育手帳
精神障害者保険福祉手帳
特定疾患医療受給証+補助書類
特定疾患医療登録者証+補助書類
マイナンバーカード

補助書類

公共料金領収書
住民票

申し込み情報に不備がないか確認した後、次へ進みます。

申し込み方法の選択

新規申し込みの方は左側の通常申し込みを選択してください。

エントリーコード、キャンペーンコードをお持ちの方は右を選択してください。

申し込み区分の選択

新規で格安SIMを契約される方は左側の「新規番号での申し込み」、
他社からの乗り換えをする方は右側の「他社からの乗り換え(MNP転入)」
を選択してください。

プランを選択

申し込みをしたいプランを選択し、「選択する」をクリックします。

今回は、3GBプランを選びたいので、「コミュニケーションフリー」を選択します。

次に、お好きな容量を選んでください。

今回は、コミュニケーションプランの中でも一番安価な3GBを選択します。

各プランの価格はこのようになっています。

LINEフリープラン データ容量 料金
1.データ通信のみ 1GB 500円
2.データ+SMS 1GB 620円
3.データ+SMS+音声通話 1GB 1200円
コミュニケーションフリープラン データ容量 料金
1.音声通話機能なし 3GB 1110円
5GB 1640円
7GB 2300円
10GB 2640円
2.音声通話機能あり 3GB 1690円
5GB 2220円
7GB 2880円
10GB 3220円
MUSIC+プラン データ容量 料金
1.音声通話なし 3GB 1810円
5GB 2140円
7GB 2700円
10GB 2940円
2.音声通話あり 3GB 2390円
5GB 2720円
7GB 3280円
10GB 3520円

又、各プランごとにパケット消費がされないアプリは下記のようになっています。

  • LINEフリープラン…LINE
  • コミュニケーションフリープラン…LINE/Twitter/Facebook/Instagram
  • MUSIC+プラン…LINE/Twitter/Facebook/Instagram/LINE MUSIC

どのプランが良いか今のスマホの使い方をイメージし、適切なものを選んでくださいね。

プランの選定が終わったら、simカードのサイズを選んでください。

ちなみに動作確認済みiphoneシリーズのなかではナノSIM(小)が多いみたいですね。

使いたい機種がどのSIMか分からない場合は、
お使いの機種のホームページを確認し問い合わせるか、
画像上段の「動作確認済み端末一覧」のページをご確認ください。

最後に、希望するオプションを選んでください。

私はよく音楽を聴いて、電話も定額のほうが分かりやすかったので、

LINEMUSICプランと10分かけ放題プランを申し込みしました。

留守番電話(月額300円)

どこの格安SIM(MVNO)でも必ずある留守番電話のオプションです。

ご存知だと思いますが留守番電は、

  • 電話で話し中の場合
  • 電源を切っている場合
  • 圏外の場合

など電話に出られない時に、メッセージを残しておける機能です。

割込通話(月額200円)

通話中でも、別の方からかかってきた電話を受けられる機能です。

転送電話

転送電話は、通常使っている090/080の電話番号にかかって来た電話に出れなかった場合に、自宅の固定電話や他の携帯電話に着信を転送するオプションです。

転送電話の設定方法は以下の通りです。

  1. 「1429」に電話をかけます
  2. ガイダンスが流れるので「3」を押します
  3. 転送したい電話番号を入力します。

先程の050の電話番号に転送する場合は、3で050の電話番号を入力すれば良いですね。

電波の繋がらない状況でしたら、すぐに転送先の電話番号に着信が転送されますが、電波が繋がる状況どのくらい電話に出られなかったら転送するかを決めることが出来ます。

呼出時間の設定方法は以下の通りです。

  1. 「1429」に電話をかけます
  2. ガイダンスが流れるので「1」を押します
  3. 呼出秒数を「0〜120」の間で入力して「#」を押します。
  4. その後#を2回押します。

あまり短い時間で転送設定をすると、電話に出たい場合もすぐに転送が始まって、電話に出られなくなるので大体20秒くらいが標準的な呼出時間だと思います。

上記の設定が終わったら「1429」に電話をかけて、その後に「1」と入力すれば転送電話が開始されます。

転送電話の設定や、呼び出し時間を設定しただけでは転送電話は利用できず、転送電話の利用開始の設定もする必要があるので注意してください。

国際電話・国際ローミング

国際電話は海外にいる時でも電話ができるオプション、国際ローミングは海外にいる時でもインターネットが使えるオプションです。

国際電話は1分100円程度、国際ローミングはYoutubeを10分見ると数千円かかり、特に国際ローミングはかなり高額です。

オプションに申し込みは無料ですが、利用料金はかなり高いので、海外の際はネットは国際ローミングを利用して利用しない方が無難でしょう。

国際ローミングを利用せずに海外でもインターネットを利用するためには、

  • 空港やホテルなどにあるWiFiスポットを利用する
  • 空港などでレンタルできるWiFiルーターを利用する

の2つの方法があります。

WiFiスポットは利用できる場所は限られますが、利用料金がタダなので使いやすいですね。

WiFiルーターは国にも寄りますが、欧米や東南アジアなら、1日1,000円程度で使い放題のWiFiルーターをレンタルすることが出来ます。

1週間程度の旅行ならWiFiルーターをレンタルしておくと便利かもしれませんね。

i-フィルター

i-フィルターは、有害サイトからスマホを守るフィルタリングアプリです。

元々パソコン用のソフトで、PCソフトとしては始めてPTAの推薦を受けたフィルタリングソフトとしては信頼の高いアプリです。

i-フィルターは通常月額300円かかりますが、LINEモバイル契約者なら月額無料で利用できます。

i-フィルターには以下のような特徴があります。

  • 危険なアプリのインストールを防げる
  • お子さんの年齢に応じて、見せたくないサイトを制御できる
  • お子さんの端末の利用時間を、パソコンや別のスマホから制限できる
  • お子さんの端末で通話した履歴を、パソコンや別のスマホから確認できる
  • お子さんの居場所を、パソコンや別のスマホから確認できる

フィルタリングアプリは、主にお子さんが有害サイトにアクセスするのを未然に防ぐ機能があります。

最近は便利なアプリを装って、電話帳などの個人情報を抜き取るような危険なアプリも増えてきています。

i-フィルターを利用すると、お子さんが意図せずインストールしようとしたアプリにも警告が出るようになるので、余計なトラブルに巻き込まれずに済みます。

お子さんにスマホを持たせるなら、フィルタリングアプリは入れておきたいという方が多いので、無料で利用できるのは嬉しいですよね。

オプション内容が必要かどうか判断したら、次へをクリックします。

お客様情報を入力する

お客様情報入力の項目に、申込者の

・契約者名
・契約者名(カタカナ)
・性別
・生年月日
・郵便番号
・住所1
・住所2
・住所3
・電話番号
・メールアドレス
・メールアドレス(再入力)

を入力し、最後にお知らせメール通知を設定するか決めます。

次に、利用者と契約者が同じか確認して、
契約内容の確認方法を電子交付にするか決めます。

規約について同意する一覧がありますので、
全ての事項に同意して全ての事項にチェックを入れて、
次へ進む(メールアドレス確認)をクリックします。

メールを確認する

情報の入力が終わりましたら、
LINEモバイルからメールが送信されるので、
登録したメールアドレスにメールが届いているか確認します。

数時間後、このようなメールが届きました。

本人確認書類のアップロード

メールに記載されているURLをクリックして、
本人確認書類の画像を選択し、
画像をアップロードします。

本人画像と現住所は違う場合は、住民票か公的機関の領収書が必要になります。

支払い方法の選択

主な支払い方法としてクレジットカード、LINE Payがありますが、
今回は著者の私が携帯電話、クレジットカードのブラックリストなので、
LINE Payカードにて登録したいと思います。

フォーマットには、LINE Payカードの

・カード名義
・カード番号
・有効期限
・セキュリティコード

を入力し、「次へ進む」をクリックします。

ログイン情報を入力する

ログインIDとパスワードを決めていただき、「登録して最終確認へ進む」をクリックします。

最終確認

最終確認の画面が表示されるので、入力内容に誤りがないか確認します。

そして、「申し込む」をクリックすると、申し込みが完了になります。

申し込みが完了後、数日後メールが届き、格安SIMの発送手続きが開始されます。

 

 

そして、この記事の前章でご紹介した方法でSIMカードの設置、APN設定をして頂くと、LINEモバイルを使用することができます。

 

まとめ

 

LINEモバイルはいざ使ってみると、大手3キャリアとほぼ変わらないクオリティでスマホを使うことができます。

かつ、LINEMUSICやかけ放題などLINEモバイル独自のプランが用意されており、従来のサービスよりお得に使うことができます。

特にSNSのデータ消費が無いというのはありがたいですね。

他社の格安SIMと比べて独自性のあるLINEモバイル。

ぜひこの機会にご検討ください。

 



 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

LINEモバイルの申し込み方法の流れをご紹介!simが届くまで

LINEモバイルをブラックリストの私がおすすめする理由

LINEモバイルの端末の分割払いが対応に!2017年10月24日から

LINEモバイルの1GBLINEフリープランは2台持ちにおすすめ