LINEモバイルの1GBLINEフリープランは2台持ちにおすすめ

今回の記事は、なぜLINEモバイルのプラン、LINEフリープランの1GBがスマホ2台持ち、又はスマホとタブレットの2台持ちにおすすめなのか詳細をまとめてみました。

 

ブラックリストの私には2台持ちは贅沢ですが、
前使っていた端末をお蔵入りさせるのも勿体無いと思ってLINEモバイルのプランを調べたところ、
合理的にLINEフリープランの1GBが良いという結論に至ったので、
その経緯も含めご紹介します。

LINEモバイルの1GBLINEフリープランを2台持ちの人におすすめする理由

 

LINEフリープランの1GBをおすすめする理由は、リーズナブルな価格とオプションサービスにあります。

 

LINEフリープランの1GBは月額500円。

 

LINEの音声通話、トーク、画像の送受信、タイムラインが使用し放題で、
データ専用SIMを持つことができるという画期的なシステムです。

 

例え容量不足でインターネットが使えなくても、
LINEで通信、連絡をすることは出来るので、いざという時に安心です。

 

しかし、LINEが自由に使えるにせよ1GBじゃ容量不足だと思われるかもしれませんが、
メインの機種の容量を上げるか、
WIMAXなどのWIFIルーターを使用することにより、
総合的に考えたときに安く使うことができます。

 

コスパ重視で少ししかスマホでインターネット使わないけど、
念のため2台持ちしたいという方は、
メイン機種がLINEコミュニケーションプラン3GB+サブ機種がLINEフリープラン1GB。

 

スタンダード重視でメイン機種もサブ機種もそこそこ使うという方は、
メイン機種がLINEコミュニケーションプラン5GB +サブ機種がLINEコミュニケーションプラン3GB。

 

パフォーマンス重視でかなりスマホでインターネットを使うという方は、
メイン機種がLINEコミュニケーションプラン3GB+サブ機種がLINEフリープラン1GB+Wimax無制限など、
常にサブ機を持ち歩きWIFIルーターも持ち歩く習慣をつけれるというのであれば、WIMAXをもおすすめです。

 

でも、WIMAXってクレジットカード決済だからブラックリストの人は契約出来ないのでは?という疑問を持たれた方もいらっしゃると思いますが、ご安心ください。

 

WIMAXも、ブラックリストでも契約できる会社は数社あります。

 

口座振替が可能で、
キャッシュバックもついて月々4000円ほどの支払いなので、
LINEモバイルの1GBや3GBでは物足りないという方はWIMAXもセットで契約されることをおすすめします。

 

当サイトはLINEモバイル専門なのでWIMAXのより詳しい詳細のご紹介は割愛させていただきますが、
主に口座振替契約できるWIMAXは下記のようになっています。

BIGLOBE

UQ WiMAX

Broad WiMAX

それぞれ期間限定のキャンペーンをやってますので、参考にしてみてください。

 

 

この章では、データ専用SIMやWIMAXでデータ容量の補填が出来ることをご説明しました。

 

しかし、スマホにせよタブレット端末にせよ、音声通話が出来たほうがより選択肢が広がると思います。

 

しかし音声対応SIMにすると月々の値段が上がり、タブレット端末の場合音声対応SIMにしたところでろくに電話できません。

 

そこで、データ専用SIMで固定電話、携帯電話に電話できるという画期的な裏技があるので、次章ではデータ専用SIMで音声対応になる方法についてご紹介したいと思います。

LINE Outとは?

あなたはLINE Outのことはご存知でしょうか?

 

この記事を読んでいただいているということはある程度の予備知識があるのかもしれませんが、一応説明しておきます。

 

LINE Outとは、SNS「LINE」に搭載されている、友達同士でインターネット回線を使って電話する機能とは別に、
IP電話機能(一般的な電話番号へ連絡できる機能)が搭載されているアプリケーションのことです。

 

LINE Out FreeとLINE Outの2種類があり、
前者のLINE Out Freeは無料で使えるサービスです。

 

しかしLINE Out Freeは時間制限がありますので、
一般使用したいと思うのであれば有料のLINE Outがおすすめです。

 

LINE Outは携帯電話や固定電話へインターネット回線から電話が可能なので、
データ専用SIMから電話することも可能になり、通話料金も安くなります。

 

デメリットとしては相手側には非通知で表示される、音質が悪くなる等あるみたいですが、
上手く利用することができれば便利な機能で節約にもなります。

 

そんなLINE Outですが、先に支払い方法の結論からお話したいと思います。

 

LINE OutはLINEポイントを購入することによりチャージができるので、
ブラックリストで携帯電話、クレジットカードが持てない方でも利用することができます

 

方法は、LINE PAYカードというプリペイドカードを作ることにより、コンビニや銀行から現金をチャージすることでLINEポイントを使用出来るようになります。

 

もしくは、コンビニでLINEポイントを購入し、そこからチャージすることもできます。

 

このように支払いをしていただくとLINEOutを利用することが可能で、データ専用SIMからでも発信が出来るようになります。

 

では、次章では、LINEモバイルの支払いを円滑に行うために、
LINE Pay、LINE Payカードを使用したATM、コンビニ、銀行振込の支払いについてご紹介したいと思います。

LINE Payを使いLINEモバイル、LINE Outの支払いをATM・コンビニでしよう

2017年10月23日、セブン銀行とLINE Payが提携し、
スマホもしくはLINE Payカードと現金があれば、
セブン銀行ATMにて現金のチャージ、出勤が行えるようになったと発表がありました。

 

コンビニ始めデパートの中にあるセブン銀行のATMでより手軽に24時間いつでも入出金が出来るようになったので、
LINE Payユーザーにとっては朗報であると思います。

 

そんなLINE Payですが、LINEモバイルの支払いをする際はどのような流れになるのでしょうか?

 

まず、おすすめなのがLINE Pay カードを発行することです。

 

LINEモバイルを契約時作っていただいたかたもいらっしゃると思いますが、日頃からあると便利なので携帯して持ち歩くことをおすすめします。

 

LINE Pay カードは便利でブラックリストの私でも格安SIMを契約出来た魔法のカードですが、
しっかり期日内に現金をチャージしておかないと未納で今度は告訴されかねないので、
お金の管理には十分な注意が必要です。

 

そのためにはしっかり支払い方法と支払い期日、支払額をあらかじめ知っておくことです。

 

LINEモバイルの支払い期日ですが、月額料金については利用月の翌月5日頃の請求となります。

 

月末締めで、例えば10月31日まで使用した分の請求金額が11月5日頃に引き落とされます。

 

なので、あらかじめ請求金額を把握して、入金・チャージをしておく必要があります。

 

まとめ

今回はLINEモバイルのLINEフリープランの1GBを軸に、おすすめの機能、支払い方法についてご紹介しました。

 

LINEフリープランの1GBは500円で、時によってはデータ専用SIMからでも固定電話、携帯電話に発信ができる。

 

支払い方法はブラックリストの方でも対応している方法(銀行振込、コンビニなど)で支払うことができる。

 

など情報をお伝えしました。

 

より具体的な話は各々の記事でご紹介したいと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

LINEモバイルの詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【3分でわかる!】LINEモバイルのすすめショートバージョン【格安SIM】

image

lineモバイルの公式アカウントは?問い合わせ先は?

格安SIMの通信速度比較!LINEモバイルは?

LINEモバイルは遅い?速度は?原因は?時間帯は?情報まとめ

line

格安simに変更した時のLINEの設定は?lineモバイルのみ年齢認証可

LINEモバイルの申し込み方法の流れをご紹介!simが届くまで