iPhoneのみで確定申告が可能に!いつから?androidは?やり方は?マイナンバーカードを読み取る!

2019年1月から、確定申告がiPhone・スマートフォン、iPadやタブレットで申告可能になった「スマート申告」が記憶に新しいですよね。

早速利用された方もいらっしゃるかと思います。

しかし、全てWEB上で可能と言うわけではなく、「e-tax」を利用するか、もしくは入力した書類を印刷し、マイナンバーカードのコピーと共に「国税庁」あてに送付する必要がありました。

※PCにマイナンバーカードを読み取れるICリーダーを装着・マイナンバーカード読み取り可能なAndroidの一部対応機種で申告することは可能だったそう

youtubeでも詳しく解説されています。↓

そして今回発表されたのは、【iPhoneだけで確定申告が可能になるかも】というビックニュースです。

Apple信者である私からしたら朗報なので、ぜひ詳しい内容をご紹介したいと思います。

iPhoneのみで確定申告が出来るようになるのはいつ?

そもそも何故、iPhoneのみで確定申告が出来るようになると噂されているのかといいますと、「iOS13」の機能に搭載される予定の、「NFC/FeliCaタグの読取」が可能になる事によって、「マイナンバーカード」の読み取りが実現されるんだそうです。

つまり、iPhoneがカードリーダー変わりになるので、iPhoneのみで申告が出来るようになると発表しているんですね。

現在、「iOSは12.3.1」ですが、今年の秋ごろにはiOS13のリリースがされるのではないかと言われているので、来年の確定申告には実装される可能性も色濃く出てきましたね。

Wワークであったり、個人事業主である場合は確定申告を余技なくされるので、手軽にiPhoneで申告できるようになったら非常に楽ですよね。

国税庁側も、確定申告の確立が向上して双方にとっても良い結果となりそうです。

一つ心配なのが、iPhoneで読み取ったマイナンバー情報を、ウイルスか何かで搾取されないかどうかですよね。

iOSのセキュリティの強さはすさまじいものだと思いますが、不安に感じる人も多くいそうです。

Androidでも実装される?

冒頭で話した通り、既にAndroidではNFC対応でカードリーダーとして使用できるモデルはいくつかでていました。(GalaxyやAQUOS、Xperiaの一部機種)

今回は高シェア率を誇るiPhoneが対応になるという事で騒がれていたのですが、これを機に、NFC対応のスマートフォンは今後続々と登場することでしょう。

まとめ

◆ iOS13が実装されるとマイナンバーカードを読み取れるようになるかも

◆ マイナンバーカードが読み取れるようになれば、iPhoneだけで確定申告できるようになる

◆ iOS13の実装は今年の秋

今回のiOS13の実装内容を受けて、政府CIO補佐官を務める楠正憲氏は政府が対応に向けた準備を進めていることを認めているそうなので、ほぼ確定と言ってもいいでしょう!

これを受けて、iPhoneに乗り換える人口も徐々に増える可能性がありますね。
いやー恐ろしい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPhoneXがLINEで全面表示対応!ビデオ通話やフル画面も!

iPhone・Applewatch・Apple製品に関するまとめ記事

image

DoCoMoのiphoneを格安SIMやLINEモバイルで使おう!

iPhoneⅩR予約開始!キャリアとSIMフリーどっちがいい?【格安SIM】

image

LINEモバイルで圏外病?iphoneをsim下駄で使った場合の改善策

iphoneXのSIMロック解除が2017年12月から可能に!一括払いのみ