DSDSとは?注意点は?

DSDSとは、スマホ本体にSIMカードを2つ差し込むことができて、音声電話用、データ通信用や、仕事用、プライベート用と使い分けることが出来る昨日です。

 

DSDSに対応している機種では、2枚のSIMカードで音声通話とSMSを同時に待ち受けできる。電話をかけたりSMSを送信したりするときは、好きなほうのSIMカードから発信/送信できます。

しかし、4G(LTE)ネットワークによるデータ通信は、片方のSIMしか利用できない。もう片方のSIMは通話とSMS専用になり、利用できるネットワークも3Gまでとなります。

また、DSDS対応の機種には、片方のSIMカードとmicroSDカードがスロットを共有しているものがあります。

ZenFone 3もその1つで、こうした機種では2枚のSIMまたは、1枚のSIMとmicroSDというどちらかの組み合わせしか利用できません。

ZenFone 3ではnanoSIMとmicroSIMを1枚ずつセットできる。サイズが小さいほうのnanoSIMとmicroSDカードは、どちらか片方しかセットできません。

 

さらに、同じDSDS対応機種でも、同時待ち受けできるのは片方のSIMが3Gまたは4G、もう片方のSIMでは海外で普及している2Gネットワークのみ、という機種も少なくないのが現状です。

最近の機種ではファーウェイの「P10 lite」や、モトローラの「Moto G5」などが該当します(※Moto G5はソフトウェアアップデートにて後日DSDSに対応予定)。

 

このような機種に2枚のSIMカードをセットしても、日本国内で利用できるのは片方のSIMのみとなります。

実質的に、SIMカードが1枚しかセットできない端末と同じです。

DSDS対応機種を購入時する際は、メーカーサイトを参照したり店頭のスタッフに相談したりして、国内でのDSDSに対応しているかを確認しましょう。

au系の格安SIMは注意が必要

「UQ mobile」(UQコミュニケーションズ)、「mineo」(ケイ・オプティコム)のauプラン、「IIJmioモバイルサービス」(IIJ)のタイプAなど、auのネットワークを利用する格安SIMをDSDS対応スマホで使う場合には注意が必要です。

まず、auのネットワークが利用できるDSDS対応スマホは、ZenFone 3やHUAWEI novaなど一部の機種に限られます。

DSDSを優先する場合、スマホの選択肢は大きく狭まることになります。

また、au系の格安SIMではauの3Gネットワークが利用できず、音声通話も4Gネットワークのデータ通信機能を活用する「VoLTE」しか利用できないケースが多いです。

mineoでは一部の機種で音声通話にのみ3Gネットワークを利用できるが、VoLTE対応機種であるZenFone 3とHUAWEI novaは対象外となるため、やはり4Gネットワークしか利用できません。

さらにここで問題になるのが、データ通信用に指定したSIMのみ4G(LTE)ネットワークが有効で、もう一方のSIMでは3Gネットワークまでしか利用できない、というDSDS対応スマホ独特の制約があることです。

つまり、4Gネットワークが必須となるau系の格安SIMを音声通話に使いたければ、自ずとデータ通信用のSIMとして指定する必要があるのです。

しかも、もう片方のSIMでは3Gネットワークまでしか利用できないので、au系の格安SIM同士を組み合わせることもできない。

組み合わせるSIMは、NTTドコモのネットワークを利用する格安SIMなど、au以外のネットワークで3Gでの音声通話に対応していなければならないのが現状です。